SIMULATIONシミュレーション

コストシミュレータ

なぜ自社で
テレマーケティングを
行うことが難しいのか?

もし自社でアウトバウンドを稼動するとなると、インフラ作り、採用・マネジメントコストなどのイニシャルコスト、電話料金、人件費などの運用ランニングコストが発生します。
では今、ご担当者様が考えていらっしゃるアウトバウンドを自社で稼動するとなるといくらほどかかるのでしょうか?
下部の電話をかける対象を選択、リスト数、人件費単価を入れて頂き、シミュレーションボタンをクリックすると御社の実施したいテレマーケティングの概算の想定コストが算出できます。

自社でテレマーケティングを行った場合

電話をかける対象

架電地域

電話をかけたいリスト件数

※電話に出ないリスト、ターゲットが不在のリストには3回電話をする事を想定しています。
※1時間あたりの人件費は1,000円で計算しています。

想定されるプロモーションコスト

想定稼働時間

時間

通話料金総計

想定人件費

想定プロモーションコスト総計

※このシミュレーションはあくまでも平均的な架電スピード、お客様へのコンタクト率を参考にしたものです。
※上記コストはあくまでも、通話料と実稼動人員のコストのみです。実際にはこの他にも、採用コストや架電ブースコストなどの環境設備費用や、管理マネジメントするスタッフの人件費などの運営費用かかります。

自社でテレマーケティングを行うとこんなにコストがかかる…

まずはトップラインまでご相談ください

テレマーケティングの内容により、費用は変わりますが…
トップラインでは、通話料込みのリスト料金制や時間単価制などの料金体系で、
御社で稼動するよりも安価で高品質なサービスをご提供致します。